2010年最後の日
祖母が退院したばかりということもあり、今回の年末年始はいつもよりは抑えめにお祝いすると聞いていました。
私も身重な状態なので、のんびりできてちょうどいいやなんて思っていたのですが、なんだかんだ通常通りのようです。

朝から母が料理の準備で忙しく、ものすごくイライラしていました。
私はそんな母のイライラが大嫌いなので、『蕎麦は全部私が準備するから手を出さないで!』と。
集まる人数が多いので、いつも蕎麦は事前に茹で、ひと玉ずつにまとめます。
確かに蕎麦6把は量がありましたが、テキパキやるしかありません。
大騒ぎしてしまう母と黙ってこなす私は、性格が違うといつも感じます。

夕方祖母宅に集まり、みんなで天麩羅を揚げて夕飯の準備をしました。
いつも感心してしまうのは従弟の高校生、飲食店でアルバイトをしているため、料理の手伝いを進んでしてくれます。
包丁さばきがよく、天麩羅揚げも率先して行ってくれました。
かき揚げがとっても美味しい年越し蕎麦でした。

自宅に帰り、真夜中少し前に近所の神社へ初詣しに行きました。
並んでいる間に新年を迎えました。
家族で『おめでとう』を言い合いました。
今年は大事なお願い事があります。
しっかり拝んできました。


応援してください→人気Blogランキングへ
[PR]
by monodukura_miki | 2010-12-31 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< 2011年になりました 食欲が >>