朝からバタバタ
昨夜、体重計に乗ってびっくり。
たった3日で2キロ近く減っているー!
ここに来て減るなんて…地震と原発事故の不安で、食べ物が喉を通らなくなっているのは分かっていたけれど。
少しでもいいから食べなくちゃ!

朝早く家を出たKから電話が入り、最寄り駅の電車が電力不足のため終日運休で、駅前のタクシーとバス乗り場が通勤客で長蛇の列だと言います。
私も朝から病院なのですが、通勤ラッシュにかぶるので、駅からタクシーを拾う予定でした。
配車の予約をしておこうと、朝6時半にタクシー会社に電話をするものの、すでに電話がつながりません。
最悪2駅隣りの病院まで歩くしかないのか?と真っ青になってしまいました。
裏通りのバスを頼り、そこが混んで乗れないようなら歩く覚悟を決めました。
元気なら歩けますが、さすがに巨大なお腹で休憩場所もないまま2駅歩き続けることは非常に厳しいのです。
おまけに最近はとてもお腹が張りやすいのです。

朝早くから心配事ばかりで、『どうしよう、どうしよう』でした。
急いで準備をし、歩くのを覚悟して今日はリュックサックで出動です。
バス通りに出て、通り過ぎたバスを覗くとほぼ満員でした。
でも、おや?
バス停に並んでいるのはほんの数人。
次にやって来たバスはほとんどガラガラ…
おやおや?
余裕で座れました。
2駅隣りに行くのに30分かかりましたが、快適そのものでした。
裏通りのバスは意外と使えそうです。
(ツイていました!)

病院では看護師さんたちが今回の地震を受けて、『節電します』と言って電気を消したり、『車椅子の患者さんのそばからは絶対に離れないで。余震がいつくるか分からないでしょ』と声をかけ合ったりしていました。
なんだかものすごく好感度があがる姿でした。
ここにいれば自分は一人じゃないんだ、と心強く感じました。
いろんな心配事が一気に吹き飛びました。
確認したら、病院には自家発電があるので、入院や設備に関して心配要らないとのことです。

今日は術前検査でした。
尿検査で引っかかる予感がします…。

ついでに最近頻繁にお腹が張ってしまうので、張り止めの薬を出してもらいました。

帰宅もバスで。
降りた目の前にあるスーパーは入場制限をしており、かつ購入点数は一人10点まで。
ここまで徹底していれば、平等に物資がみんなの手に渡りそうです。
お目当てのトイレットペーパーは相変わらずなかったのですが、そのうち入荷するだろうとのんびり構えていようと思います。

この後、計画停電が3時間ほどあります。
昨夜も地震と原発事故が心配でほとんど眠れなかった上、朝ずいぶんバタバタしたので、夕方少し眠ろうと思います。


応援してください→人気Blogランキングへ
[PR]
by monodukura_miki | 2011-03-14 13:43 | あれこれ
<< 夜間救急外来 Cちゃんの気遣い >>