BCG予防接種
Lの初めての予防接種へ行ってきました。

他の赤ちゃんはほとんどがキョロキョロしているか、寝ているかで、泣いているのは注射が終わった子くらい。
Lはちょうど眠たい時間だったらしく、スタッフのマイクの声や注射が終わった子の泣き声で眠れず、順番待ちの段階でグズグズが始まってしまいました。
ようやくウトウトし出した頃に呼ばれ、心拍を聞かれたり喉を見られて大泣き、アルコール消毒のヒヤッで驚き、注射本番でも大泣きでした。
ヒックヒックが治まらないうちに私の産後の健康相談の尿検査のためにベッドに置き去りにされて、再び噴火してしまいました。
保健師さんがいっぱいいるので、見かねて抱っこしてくれましたが、Lの場合他人では泣き止まないのです!
尿検査は上のフロアで行ったのですが、上の階までLの絶叫が響き渡っていました。

検査が終わって戻ってくると、泣き止まないLに保健師さんがすっかり困っていました。
『すいません…よく泣く子なんです』
と言うと、
『お腹空いているんでしょう、早くあげなさい』
と保健師さん。
『いや、さっきたっぷりあげたばかりです』
『あら、そう…』
(プロの手でも泣き止まないからと言って、なんでもかんでもお腹すいたから、と言うのは違うと思う!)

私が抱っこするとピタッと泣き止んで、あっという間に寝てしまったので、やっぱり眠かっただけのようです。
その保健師さんは、
『お母さんじゃないと泣き止まないのね、あなた大変ねー』
と眉を寄せながら言うのです。
私は『大変ね』と言われるのはいい気分ではありませんでした。
他の子と比べても仕方がないし、Lはよく泣く子だけどそういうものだとしか思っていません。
しかも子育て真っ最中の私に『大変ね』じゃ、救いようがない気がして…。

その後、私の健康相談にのってくれた別の保健師さんから、
『カンの強い子は人の気持ちが分かるいい子になりますよ。みんな遅かれ早かれ泣いたり反抗したりして親の気を引く時期が来るんです。今いっぱい泣いてくれた方が親は助かるのよ』
というアドバイスをいただきました。
そう、求めているのはこういう言葉です。
ありがとう、心が楽になりました。

結局Lの初めての予防接種は、眠くて不機嫌だった、という感じで終わりました。
後者の保健師さん曰く、こういうのを『寝ぐずり』というらしいです(確かに毎晩、寝つく前にぐずります)。


応援してください→人気Blogランキングへ
[PR]
by monodukura_miki | 2011-07-20 19:04 | あれこれ
<< 1時間でも 首すわり >>