建物の築年数
住みたいエリアの中古マンションを片っ端から調べつくしているので、最近検索をしていて知らないマンションは無いくらいの勢いです。
もちろん不動産屋のガラスに貼り出されている物件名も見慣れたものばかりになってきました。

私たちは家に莫大なお金をかけるつもりはなく、貯蓄をして2人の共通趣味の旅行を充実させたいと思っています。
今住んでいるエリアは、平坦、庶民的、都心に近い等の理由でとても人気があり、私たちの提示する予算や条件は非常に厳しいものと実感しています。
奇跡的に満たされているとしたら、まず初めに築年数がだいぶ古いものになってしまいます。

私は古い物件が嫌いではありません。
レトロなデザインが逆にワクワクすることもあります。
欧米では古い物件ほど価値があがる、というもの納得できます。
設備さえ問題がなければ味があって自慢のマイホームになりそうです。
でもここは日本、地震大国です。
新耐震基準というものがある時期以降に建てられた物件に適応されているので、そこだけがいつも物件選びで引っかかります。
そこを重視するかお値段をとるか、または両方譲れないか(そうなるとなかなか見つからないのです)、非常に悩みます。
地震がなければ少しは考えが変わってくるとは思いますが、ニュースでさんざん近い将来大地震が来るなどと言われてしまうと、不安をあおられてばかりです。


応援してください→人気Blogランキングへ
[PR]
by monodukura_miki | 2011-09-23 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< 副作用か 週末 >>