体温計を求めて
がっかりの昼前です。

朝起きると、なんだかLの頭がいつもより熱い。
頬っぺたはひんやり、でもおでこや後頭部が熱いのです。
慌てて体温計で計ってみると、あれ?異常に低い。
自分の体温を測ってみると、やっぱり低い。
私の平熱は36.5℃なのに35℃前半しかない。
体温計が壊れたか電池切れなのか、これでは正確な体温が計れません。

お店が開く頃再びLが眠りに入ったので、お留守番してもらい、私はまず電池を買いに走りました。
そもそも体温計の電池交換には極細プラスドライバーが必要で、家にあったはずが見つからないのでそれも買わないといけません。
数軒回ったけれど極細ドライバーが売っていません。
先に電池を購入。
そしてダメ元で駅前の小さな時計・メガネ屋に入りました。
『すみません、精密機械用の細いプラスドライバーありませんか』
休日の朝一からそんなもの買いに来る客、なかなかいませんよね。
(貸してもらえることを期待して行ったのですが、残念ながらそういう話にはなりませんでした)
店頭にあったのはいろんな機能がついたドライバーで800円するといい、『もっと安いのありませんか』と聞くと、引き出しからおそらく本業で使用するとみられるドライバーを300円で売ってくれました。
(おじちゃん、ありがとう)

その足でマックへ入り、コーヒー1杯頼んで、そこで電池交換。
そして体温を計ってみる。
こんなに走り回っているのにやっぱり35℃前半。
壊れていると判断し、再びお店へ行き体温計を新調しました。
(出口でママ友Mちゃんにバッタリ☆)

家に帰り、新調した体温計で自分の体温を計ってみると…えええー!!?
35℃前半…。
まさか、本当に体温それしかないのかも…。

げっそり。

冬ってそんなに人間の体温て低いのでしょうか…。
Lが起きたらもう一度計ってみます。
バタバタ走り回っていた私は一体何だったのでしょう。
無駄な買物をしてしまったのかもしれません。


応援してください→人気Blogランキングへ
[PR]
by monodukura_miki | 2011-11-23 11:43 | あれこれ
<< 明日から 初の風邪引き >>