支援センターと食べ遊び
どうしても家事がチャッチャとこなせなくて、性格的に家事を残した状態で家を出られず、さらにLの遅起き、お昼寝と昼ご飯のタイミングがうまくつかめず、念願の支援センターへ出かけられたのが夕方になってしまいました。
巨大なママ友集団が先に来ていて、こんにちはもさようならの挨拶もなし、廊下のテーブルはお菓子食べ散らかしたままで、今日の支援センターはちょっとイマイチでした。
途中に来たもう一組はそんな様子を見てあっという間に帰ってしまいました。
ま、それは大人の感想として。
当のLは実に楽しんだようで、2回くらい立って見せてもくれました。
d0173895_0142576.jpg

昼寝がずれ込みお昼ご飯が遅かったので、多少想像していましたが、やっぱり!
お腹があまり空いていなかったのか、夕飯時の食べ遊びがすさまじくて...omg!!
私がちょっとキッチンへ行ったすきに、いたずら開始。
戻ってみると『一体どういうことよ!?』と叫んでしまいました。
野菜スープとご飯がひっくり返され、お食事チェアのテーブル、座面にバラまかれ、本人の服は汁と食べ物まみれで椅子の上に半分立ち上がっている状態でした。
後ろの白い引き戸にははねた食べ物が貼りつき、床もレジャーシートからはみ出して汁が飛び散ってました。
久々に頭に来てドッカ〜ンと叱りました。
叱られながらLはベトベトの手と服で椅子から降りて床を這い回り、寝室の布団に向かおうとしていたので『待て待てぃ〜!』と追いかけ回す私。
今日は頭痛と床掃除による腰痛だったので、そんな出来事でヘトヘトでした。

それはそうと、グアムで仕入れたラビオリ缶を開けました。
懐かしい味でパクパク止まりませんでした。
実に美味しかったです!
[PR]
by monodukura_miki | 2012-10-04 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< お団子ヘア 雨 >>