歯の健康教室
今日は区の『歯の健康教室』というもので、Lの歯へのフッ素塗布を行ってきました。

朝9時半からの受付なので、昨夜夜更かししていたLが起きられるか心配していましたが、なんと驚きの6時半起き!
イベントを察知する能力があるのかしら、というくらい世話なしで助かりました。
9時半前に受付したのに1時間半も待たされ、さすがに要領悪いのではないかと不満でした。
歯科の先生が2人しかいなくて、しかも1人1人にかける時間が長い。
そりゃ時間がかかるわけです。
飽きやすい年齢の子どもを対象にする教室なら、先生の人数を増やすとかしてほしいものです。
甘い飲み物や食べ物を与えてますか、という質問があり、先生に『虫歯の原因になりますね』とあれもこれも否定される始末。
果汁入りの野菜ジュースも難色示していました。
(歯科の先生だから、その気持ちも分かりますがねぇ)
ただ、子育てって想像以上に大変で、先生が言うように甘いものは南瓜やサツマイモなどで、ってそれは無理でしょ~。
素直に見直してみるけど、理想と現実って結構ギャップがあるものですよね。
確かに南瓜やサツマイモなら理想的ですが。
夜間の授乳も、『ダラダラ飲んでしまうので、朝には口内雑菌でいっぱいよ』と・・・これはよく聞く話で分かっているけれど、母乳を汚いもののように言うなー!と小さく反発してみたり。

会場では、ずいぶんみんな泣いていたけれど、意外とLはそんなに嫌がらずに歯磨き実践させてくれたし、フッ素塗布もそこまで泣かなくてびっくりです。
おそらく、女医さんだったことが一番大きいと思われます。


早起きだったこともあり、保健所を出る頃には眠っていたL。
昼だし、こっそりランチしちゃおうと思って店に入って注文、いざ食べだすと泣いて起きてしまいました。
周りの人や店員さんにも同情の目で見られ(笑)、抱っこしても子供用の椅子に座らせてもご機嫌が直りません。
ようやく落ち着いてきたので、唯一興味を示した甘いパン(さっそく甘いものだよ)とイモをひたすら与え、その間私は食事を掻き込む、掻き込む…。
2人っきりの外食はやっぱりしばらく封印だ!と改めて心に誓うのでした。
パン食べ放題のお店なのに、全然食べ放題できなかったし、料理も味わえず、お金の無駄
後悔するならしばらくはしないに越したことありませんね。

 
[PR]
by monodukura_miki | 2012-10-22 20:00 | あれこれ | Comments(0)
<< ミネストローネ モムチャン・ダイエット全プログ... >>