帰宅と嘔吐・下痢
朝食にLが大好きなソーセージをオエッと吐き出したので、なんとなく直感的にいつもと様子が違うと思っていました。
あれ?っと思うことがいくつかありました。
d0173895_1730259.jpg

長らくお世話になっていた実家を父の運転する車で出発しました。
母もLをあやすために後部座席に座ってくれました。
途中までは機嫌もよく遊んでいたり、ウトウトして眠ったりしてなんともなかったLですが、家に到着する前からグズグズが始まってしまいました。
『でもこのグズり、いつもの1/3くらいだから』
と私は母に言いました。
いつもの車内でのグズりにしてはまだ大人しい方でした。
りんごジュースでも飲ませて、機嫌を直してもらおうと思い、手渡すも、めずらしく半分も残していらないと返してきました。
そしてその少し後、舌を袖にこすりつけたり、口の中に指を突っ込んだりして、一人でオエオエして涙目になっているのです。
『指突っ込んだら吐いちゃうでしょ。やめて』
と言っていた直後、突然吐いてしまいました。
続けて2度目は大量でした。
本当に気分が悪かったようです。
それで口元をいじっていたようです。

15分ほどで自宅に到着。
私はLがかわいそうでずっと背中をさすっていました。
その間、母がタオルで辺りを拭いてくれました。
私は全身に吐いたものをかぶってしまい、匂いで気分が悪くなりかけました。
父の車にも申し訳ないことをしました(ごめんよー!)。
ようやく部屋でお着替えをさせ、自分も着替え、水分補給をさせたり、服を洗ったり。
その間、父母は車の掃除。
忙しい中、L本人はすっきりしたらしく、久しぶりの自宅のおもちゃに喜んでいました。

夕方、帰路に着いた父母。
大変お世話になりました。
そして最後の最後に、大変な目に合わせてしまいましたー。
しばらくはゆっくりしてくださいな。
手洗い・うがいだけは念のためしっかりと!

今日はお休みを取っていた旦那K。
髪を切りに行っていて、夕飯前に帰宅しました。
私たちの会話を聞き、遅めの昼寝をしていたLがニコニコしながら起きて来ました。
その笑顔を見られただけホッとしました。

それから吐くことはなく、安心したのですが、夜は水分以外あまり食べさせませんでした。
しかし、夜になってLが下痢をしました…。
帰宅したKも実は数日前から調子が悪く、今日に至っては腹痛、下痢、全身のだるさ、微熱で早めに寝ました。
2人の体調不良は原因が別だと思うのですが、心配です。
Lはただの食あたり・車酔いだといいのですが。
分からないから余計に不安ばかりがつのります。
先日見たニュースのノロウイルスの悲惨さを思い出し、いやな予感ばかりしてしまい、自分も気分が悪いような気がしてしまいました。

自宅に戻って、じいじ・ばあばのいない生活で淋しくなるかな、なんて思いは吹っ飛び、いきなり身が引き締まってます。
緊張の再スタートって感じです。
とにかく2人とも何事もないといいです。

 
[PR]
by monodukura_miki | 2012-12-05 23:59 | あれこれ
<< 歩いて買い物へ お風呂での会話 >>