武蔵小杉でランチ
今日はとても嬉しいことが2つありました。

まず朝。
出かける時にマンションの廊下を歩いていると、後ろから名前を呼ばれました。
このマンションで知り合いはいないはずと思っていたのですが、先日マンション敷地内の公園でおしゃべりした二児のお母さんでした。
名前を呼ばれるのは特別感がありますよね。
初めてマンションに知り合いができたようで、とてもうれしかったです。

そして11時に駅で友だちのKちゃんと息子T君と待ち合わせして、武蔵小杉へ行ってきました。
武蔵小杉は私が以前住んでいた街で、駅前が恐ろしく変貌し東急スクエアができたというので、さっそく見に行ってきました。
なんだか私の知っている街ではない気がして、そういうところは少し寂しいのですが、変化は仕方がないことですね。

東急スクエア内の『おぼんdeごはん』でさっそくランチ。
私が頼んだ麻婆にはLの好きな茄子やカボチャが入っているのでいいかな、と思ったらスパイシーな山椒の味が強く(大人にとってはおいしくても)、Lは舐めて即行『なんだこりゃ』的な顔して食べませんでした。
他のおかずにも一切手をつけてくれず、唯一味噌汁をすすり、最後の最後にやーっとひじきご飯がおいしいと気づいて食べてくれました。
まだ外食は気が散ってしまうようで思うように食べてくれません。
T君はモリモリ食べていて立派でした。
うらやましいとは思うけれど、LはLのペースで気長に見ていこうと思います。
焦っても仕方がないものだしね。

食後は隣接してできた中原図書館へ。
以前の図書館は本当に古かったのですが、見違えるほどになっていました。
子供用のドーム型スペースもあって、少し騒いでも大人エリアに聞こえない工夫がされていましたが、やっぱりLくらいの子にはまだ図書館は早かったです。
キャーキャー追いかけまわって終わってしまいました。
他の子の集中力を欠いてしまって申し訳がなかったです。
早々撤収。

東急スクエアに戻りお店を少し見て回りましたが、子どもたちが歩く歩く!
今の時期は、何でも興味があって行きたい方向にまっしぐら。
T君は保育園の習慣で食後眠くなり、ベビーカーで眠り始めましたが、Lはいつも夕方寝なので興奮して全く眠る様子がありません。
お昼寝が2人同時なら大人はお茶でもしておしゃべりできるのですが、仕方なく戻ることにしました。
最寄に着き、歩きながらおしゃべりして、早めの解散になりました。
家に着いたら驚きの2時半(なんて健全!)でした。

でも早いから残念だね、とは(確かにおしゃべりはもっとしたかったけれど)決して言わずに子どものペースに合わせた会い方が暗黙の了解でできる仲って、とても楽でうれしいです。
子どもがいるってこういうことなんだな、と実感してみたり。
その後、『食べムラはみんなあることだからLちゃんだけじゃないよ』と気遣いのメールをしてくれたり、いつもいろんなことを気にかけてくれるKちゃん。
とってもうれしかったりします。
ありがとう、また遊ぼうね。

 
[PR]
by monodukura_miki | 2013-04-25 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< リモコンの行方 マスキングテープで >>