表参道へ
家族3人で表参道へ行ってきました。
二子玉川のライフスタイルショップ『WTW(ダブルティー)』が好きで、青山店に行ってみようということになりました。
夏は海っぽいイメージをインテリアに取り入れたいと思っている私たち。
お店の内装も格好よくて参考になりました。
シェルやキャンドル等のアイテム、置いてみたくなりました。
これまで自分の中になかったテイストに興味が持てるようになるというのはとてもうれしいことです。
そういう幅をもっと広げていきたいです。
とても楽しかったです。

休憩で入った『Aoyama Flower Market TEA HOUSE』。
温室がコンセプトの店内で、緑と花がいっぱいで女子には堪らない空間でした。
各テーブルには花が飾られており、本当にきれいでテンションがあがりました。
d0173895_12271637.jpg

d0173895_12273133.jpg

そして注文したハーブティーもおそらくこれまでに飲んだどのハーブティーより美味しかったです。
さすがはAoyama Flower Marketだな、と感激でした。
(もう少しゆっくりと味と空間を堪能したかったのが本音です。でも2歳児がいるのだから、仕方がないよね…)

いろいろと楽しかったお出かけでしたが、帰りの電車が大変でした。
すっかり私にベッタリのL、手をつなぐのも抱っこも食事も私じゃないとダメで、少し慣れてもらわないと!ということで帰りは旦那Kに抱っこ紐をお願いしました。
駅で抱っこ紐に入れた時点で『ままー!ままーー!!』と涙目で私を見るのですが、私は知らんぷり。
電車の優先席にKがLを抱っこしたまま座ったのですが、その泣きがとてつもなくエスカレートしてしまい、泣きは大音量になってしまいました。
身を反り返し、抱っこはままがいい!と私に手を向けるのです。
Kの隣に座っていた若い女性がLの絶叫に身を歪め、非常に不快な顔をして降りて行きました。
(Kに言わせれば、舌打ちをしていったそうです)
車内の注目を一気に浴び、近くにいた初老の女性が『着せすぎよ』(暑いから泣いているのよ、と言いたいようですが…違~う!!)と言ってくるし、なんだかもう放っておけずに抱っこを交代しました。
その瞬間ピタッと泣き止むので、やれやれという感じでした。
ともあれそんな状態で、世間は『あんなに泣いているのに放ったらかしにして、母親は一体何をしてるんだ。ほれ、抱っこした瞬間に泣き止んだじゃないか』という冷ややかな目で見ているのは明らか。
でも今日1日のことをどれだけ知っているのよ、と私は言いたいのです。
それにさすがに11キロの子をずっと抱っこするのは大変なのです。

と色々思ってみたものの、私にとってはLの泣きは日常茶飯事なので、それほど堪えませんでした。
それに今日はせっかくのお出かけ、楽しく行きたいので『大変なのは分かっていること。Lはきっとよく歩くし、よく泣くし、全く食べないし』という腹積もりでいたので、わりと寛容でいられました。
それでもやっぱり疲れがどっと出てしまったので、しばらくは都心へは行きたくないな、というのが本音です。
人が多いし、やっぱり他人を不快にさせてしまうことはしたくないと思うのです。

 
[PR]
by monodukura_miki | 2013-05-03 23:59 | あれこれ
<< シャボン玉 O君夫妻が来宅 >>