大工のY君
私が病院へ行っている間に、仕事でお世話になっていた大工のY君が我が家の床の補修の件で下見に来ていました。
(もともとリノベーション工事を行った工務店からは一向に連絡をいただけないので、そちらはお断りすることになりました。自分が担当した物件に最後まで責任を持てないのは、近い業界で働いていた身としてはありえないことです!)

帰宅すると、Y君はちょうど帰るところでした。
旦那Kとお留守番していたLは最初は人見知りしていたようですが、すっかり慣れたようで、『バイバイ』とご機嫌に手を振っていました。
Y君曰く、Lは私にも似ているそうです。
なかなか言われないのでうれしかったです。
それにやせたね、と言ってくれました~(でも最近微増しているのですが。食い止めないと)。

工事は2週間後の予定です。
床を剥がしたりはせずにビス打ちでの対応になるのですが、今のひどいフローリングの波打ちが少しでも収まるといいです。

 
[PR]
by monodukura_miki | 2013-06-12 23:59 | あれこれ
<< 初めての人の顔 まるでヘアピンを飲むよう >>