乳腺外科
健康チェックの最終項目、乳腺外科へ行ってきました。
Lを出産した病院なので懐かしかったです。
若いころから胸に良性のしこりがあるのですが、授乳が終わり、久しぶりなので診てもらうことにしました。
この、良性→経過観察、というのがやっかいで、悪くないものを診るというのが保険適用になるか難しいところで、健康診断(自覚症状なしの状態を診てもらう)だと自費になることが多いのです。
なんとか『しこりが気になるので』という理由で、今日の担当の先生が診察という形で診てくれることになりました(ありがとう!)。
以前通っていた頃とシステムが変わり、一日ですべての検査が受けられないそうです。
今日は触診とマンモグラフィーだけ行いました。
私は頻繁にセルフチェックをしているので他に気になるところはないのですが、先生のすばやい触診で『で、気になっているのはどの辺り?』とか聞いてくるあたりが『ええー!?自己申告制なのー??』と内心思ってみたり...(うーん...経過観察で、ないものを探すってわけではないので少し甘い気もする)。
でもマンモグラフィーと超音波の両方を受けさせてもらえるので正確な検査になるのでうれしいです。

マンモグラフィーははっきり言ってそんなに痛くないですよ。
そんなことで躊躇させてる方がいらっしゃるなら心配しなくていいのに、と声をあげて言いたいです。
機械に挟まれたので、授乳終了から半年経ちましたが、少し母乳が出てそちらの方が恥ずかしかったくらいです(いつも技師さんが男性だったので、今回は女性でよかったです。笑い話で済んじゃいましたが)。
授乳により胸は格段にしぼんでしまい、技師さんが一生懸命に挟もうと奮闘していて、スイマセンって感じでした。
次回は超音波です。
久しぶりの受診で初診料3000円がかかってしまったのが痛かったです。


帰りに久しぶりのスタバでお茶しました。
Lがお腹にいる時によく座った席で。
店内に笹の葉があり、七夕の願い事を書くコーヒーの紙カップの形をした短冊が置いてありました。
願い事を書いてつけてきました。
家族みんなの健康、それが何よりもの願いです。
[PR]
by monodukura_miki | 2013-07-02 13:43 | あれこれ | Comments(0)
<< 神業 風疹の予防接種 >>