病院のはしご
今日は本当にLに助けられました。
私の2件の病院のはしごに大人しく付き合ってくれました。

朝、1件目の病院に行くのに急いでいたので、
『今日はママの病院なんだけど、ちょっと急いでいるからベビーカーに乗ってくれる?』
と聞くと、大人しくうなづいて玄関先から乗ってくれました。
(歩けるようになった秋から、玄関先からベビーカーに乗ってくれたのは2回目くらいです)
そして久しぶりの電車も上機嫌。
病院では予約してあったので、すぐに呼ばれ、超音波検査室へ移動し、ベビーカーに乗ったまま私の検査が終わるまで15分くらい大人しくベッドの後ろで待っていてくれました。
今日は乳腺(良性のしこり)の超音波検査だったのですが、前回同様、異組織らしきものは映らなかったようで問題はなさそうです。
ずっと黙って検査をしてくれた先生が、
『それでは次に右の胸を診ていきますね』
と言うと、Lが後ろから、
『おわった?』
とか言って覗き込むので、
『まだよ~(笑)』
と笑っていました。
今日は検査のみでそのままお会計。
そこでようやくLがベビーカーを降りました。

駅まで一緒に歩いていき、電車も立って乗りました。
降りる直前にサラリーマン風おじさんにたくさんシールをもらって上機嫌でした。
思いのほか早く1件目が終わったので、婦人科へ結果を聞きに行くことにしました。
駅で再び、
『(午前中の診療に間に合わせたいから)ちょっと急いで次の病院に行きたいからベビーカーに乗ってくれる?着いたら降りていいから』
と言うと、また乗ってくれました。
ダッシュで2件目へ。
待ち時間が40分くらいだと言うので、ちょっと外へ出ることにしました。
雨が微量にチラチラしていましたが、止んだすきに公園で持ってきたお弁当を食べました。
予想外におかずをいっぱい食べてくれました。
病院に戻り、ようやくベビーカーから降り絵本などを読みました。
そんな頃に名前を呼ばれて診察室へ。
子宮頸がん検診は、『異常なし』でした!
一安心したところで先生が、
『念のため子宮体がん検診も受けましょう。年齢的には可能性は低いですが、久しぶりですから安心のためにね。…でもねー、痛いんですよ、コレ』
(だーかーらー!言わんでもいいって!!分かっているからー怒)
どうしてこんなに怖がらせるのでしょう。
今日はできないというので、後日になりました。

Lが病院を出る時に、
『おわった?』
と聞くので、
『終わったよー!今日は付き合ってくれてありがとうね。ずいぶんお利口さんにしてくれたから、ドーナツ食べに行こうか!?』(←実に甘い親です)
と言うことでそのまま駅ビルまで行き、ドーナツを食べて帰りました。
帰りは雨が降ってきたので雨合羽と長靴に着替えさせると、本人は大喜びでした。

夜は久しぶりによく食べてくれたのでうれしかったです。

最近、病院は大切なところだと認識しているようで、私が一人で通院しなければならない時も旦那Kと大人しくお留守番してくれます。
成長しました。

 
[PR]
by monodukura_miki | 2013-07-04 23:59 | あれこれ | Comments(1)
Commented at 2013-07-05 18:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 来客の準備 あの鞍馬天狗さんの今 >>