両親の上京と反省
台風の影響もあり、1日早く両親が上京してきました。
少しでも引越し準備や買物の手伝いができれば、とのことです。

お昼に駅までLと迎えに行きました。
私たちは少し早めに着いてしまったので、駅周辺で時間をつぶしていたのですが、母に似た人がいたので、Lが満面の笑みでその人の後を追いかけて行ったのには笑ってしまいました。
顔を見るなり『あれ?』とした表情になりましたが、にこにこしたままその人の周りをチョロチョロして顔を覗き込むので、その人も『気に入られちゃったみたいね』と笑っていました。
Lがもっと小さかった頃、駅で久しぶりに両親に会っても、誰だか分からないような時期もあったのに、今ではすっかり顔も覚えているのでお姉ちゃんになりました。
駅の改札で喜びの再会、Lの目は三日月のように細くなり、さっそく手をつないでいました。

軽く食べて、私は1時間ほど一人で見て回る時間をもらいました。
その間、両親とLは本屋で時間つぶし。
そしてお昼寝時間に合わせて家に帰ってきました。
d0173895_8555243.jpg

一緒に夕飯を食べて、両親は今夜は家近くのビジネスホテルへ(明日・明後日は旦那Kが出張のため我が家にお泊りです)。


今日、とても反省したことがありました。
いつもはエスカレーターに乗る時、Lの手を引いて、タイミングがつかめるように『せーの、はいっ!』などと無意識に声をかけていたのですが、今日は母と話しながら歩いていたので、声かけをしていなかったのです。
これまで1度もエスカレーターで失敗したことがなかったLだったので、私も安心しきっていました。
下りでLがタイミングをつかめずに私だけが先にステップに乗ってしまい、Lの手を持ったまま引っ張ってしまう形になってしまいました。
すぐ後ろに母がいたので、私は手を放し、立ち尽くすLの体を支えてもらったので大丈夫でしたが、危ないところでした。
Lにも怖い思いをさせてしまいました。
周りにいた方にもしっかりと睨まれて『不注意な母親ね、危ないじゃないの』的に眉をひそめられてしまいました。 
母が後ろにいるから、という安心感もどこかにあったのは確かです。
今度からは責任を持ってきちんと子どもの安全を守っていかないと、と強く反省しまいした。

 
[PR]
by monodukura_miki | 2013-10-21 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< どんぐりなど Yさんと大人だけのランチ >>