一人で過ごす年末年始
Lを出産して以来2年9ヶ月、初めて1人の夜を過ごしています。
この年末年始は旦那KとLの2人だけが帰省しました。
私はつわりで吐き気があるので帰省は遠慮させていただきました。
初めて母親と離れて夜を過ごすLですが、思いのほか私の心は穏やかで全く心配していません。
何とかなるだろう、という割り切りかもしれません。

お風呂も寝かしつけもほぼ100%私が行っているので、数日前にLに私は一緒には行けないのでお父さんとお風呂に入ったり寝たりするんだよ、と話をすると急に不安げな顔をして、自分も行かないと言い出しました。
でも昨日になると、お風呂や寝かしつけのことをすっかり忘れて、早く遊びに行きたいと言っていたので、こちらもマイナスな話はせずに送り出そうと思いました。
そして今日になると早く行こうと旦那Kを急かしているくらいでした。
そして『ちょっと行ってくるからー!』と言いながら手を振ってきたので、そのまま『うん、ちょっと行って来てねー!』と送り出しました。

夜、早めの夕飯を食べた後、山のようにたまっていたワイシャツのアイロンがけをしました。
大好きな映画のDVDを見ながらのんびりかけていると、不思議と今日は吐き気がほとんどありませんでした。
普段だったら気分が悪くてもLをお風呂に入れさせたりと、なんだかんだ夜は忙しいので落ち着く暇がありません。
こういう風にリラックスするだけでこんなにも違うんだということをに驚きました。
たまにはこういう時間、大事かもしれません。

映画もまた、出産以来2時間続けて見たことがなかったので本当に貴重な時間でした。
映画マニアだった自分なので(過去形)、再びこういう世界観に浸れるのは幸せだと実感しました。
とても面白かったです。

布団ではゆっくりと雑誌を読むことができ、今年最後のブログを更新しているところです。
心が穏やかです。
[PR]
by monodukura_miki | 2013-12-31 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< 元旦 サッポロ一番塩ラーメン >>