母親の予感
24時間一緒にいる子どもですから、異変に気づかないわけがありません。
嫌な予感は的中しました。

昨夜、寝かしつけ時に2度程えずいた(吐き気をもよおした)のが気になっていました。
朝、笑顔なく起きて、以前美味しいとおかわりしたシリアルもほぼ口つけず。
テレビを見ながら頻繁にごろ寝してしまう…いつもニッコニコなLが全く笑わない。
午後になると自ら『疲れちゃったのー、早く寝よう』とお昼寝催促。
お昼寝するも汗びっしょりになっていつもの半分の時間で目が覚めてしまいました。
顔も赤いのでおでこに手を当ててみると…熱い。
熱を測ってみると37.9℃。
30分後に再び測ってみると38.4℃!!
こりゃダメだと自転車で小児科へ。

ここの小児科の先生はいつも聴診器で胸の音をよーく聞いてくれるなぁ、と思っていたのですが(これまでの先生はあっという間に終わってしまっていたので)、同時にお腹の触診をしているんだと今回初めて知りました。
じっくり聞いて触った後、
『お腹がだいぶ張ってますね…お腹の風邪かな』
と。
吐き気止めと整腸剤を処方してもらいました。

病院では治まっていた吐き気が、帰りのスーパー(イオン水や消化のいい食べ物を買っておこうと)でぶり返してしまい、気づいたら店内の床に吐いてしまったL。
昼寝後に1cmくらいしか飲めなかったオレンジジュースが出てしまったようです。
スーパーには迷惑をかけてしまいましたが、Lは出してスッキリした様子。

家に着いたら水分が取れるようになっていたので一安心でした。
吐き気もそれ以降はなし。
夕飯はお粥程度でやめておきました。
早く良くなって欲しいです。
Lが具合悪いと心配で心配でなりません。

メモ:原因として思い当たること
昨日の公園でかなり多数の幼稚園児と一緒に遊んだので、そこでお腹の風邪をもらってしまったのか。
昨夜の夕飯に期限の切れた魚の酢漬けを食べたせいか、塩気も強かったので2歳児の胃には強かったのか。
[PR]
by monodukura_miki | 2014-03-13 23:59 | あれこれ
<< 地震 フェルト・ドーナツ >>