猛烈に激怒
反省半分、悲しみ半分。
子育てに少し自信をなくしてしまいました。

考えてみれば定期的にこのような波が訪れているのだけれど、いざその真っ只中に立ってしまうと冷静でいられなくなってしまう自分がいます。

Lのまた食べない期がやってきました。

夜食べたのはゆかりのかかったご飯のみでした。
おかずも味噌汁もほぼ手をつけない状態で皿を遠ざけ、口に運ぼうとするものなら手で拒否してきます。
お昼もそうでした。
パン屋で『これが食べたい』と言ってきかなかったパンを買ってあげたのに、1口かじっておしまいでした。
惣菜系のパンを他に2種類小さく切ってお皿に乗せておいたのですが、チーズの部分をかじっただけでまるまる残されました。
ご飯は食べない日はおやつをあげないことにしています。
さすがに夕飯はお腹が空いて食べるだろうと期待していたのですが、普段なら食べる味噌汁ですらまるで手つかずでした。
一体何を食べてこの子は大きくなっているのでしょう。
ようやく13.5kgになった体重も、先日のロタ以来12kg台に逆戻りしてしまい、一向に増えません。

好きなものしか食べない態度、日頃工夫して料理をしているのに一向に応えてくれないことに怒りが爆発してしまい、思いっきりテーブルを叩いて大声で怒鳴ってしまいました。
『一生懸命お料理しているのがわからないの!?どうして食べてくれないの!?どうして食べる前から美味しくないって決めつけるの!??』
恐怖でおののくLがそう怒鳴られて、泣きながらおかずを1切れ口に入れたものの、胃がひっくり返るような音がして今にも戻しそうになったので、慌てて口から出させました。
直前にご飯なら食べると言っていたので、怒りながらご飯を少量お皿に乗せのせてあげると、激しくヒックヒックさせながら恐怖で急いで掻き込んだせいか、今度はむせてしまい、ご飯を咳き込みながら出しました。
そこまでくると私も虐待の言葉が頭をよぎってしまい、少しその場を離れることにしました。

1人で2階の部屋にこもりたくなって、Lが怖くてのぼれないように階段の電気を消しながら上にあがりました。
逆にLは、1人で1階に残されるのが怖かったようで、その真っ暗な階段を手すりだけを頼りにのぼってきてしまいました。
電気をつけないとかなり真っ暗で怖いのに...。
足を踏み外して落ちてしまったらどうしようとか、こんなことで怪我をさせて取り返しのつかないことをしてしまったらどうしようとか...頭の中がぐるぐるしてしまって、そこでようやく我に返りました。

これまでのやり方、何か間違ってきてしまったのでしょうか。
いつもいつもLの食べやすいように、栄養になるものを、と工夫して準備してきたはずなのに、どうして食べてくれないのでしょうか。
悲しくなってしまいました。

それからいろいろネットで調べてみたら、食べろ食べろと無理強いさせるのは逆効果だという意見があったり、初めて見る食べ物に対して幼児は恐怖心を持つというコラムがあったり、ご飯は美味しくて楽しい時間なんだよと親がニコニコしながら根気よく食事に付き合うとあったり...。
すっかり忘れていましたが、昔もこのような話題で友達に相談したところ、ご飯は楽しい時間なんだよという雰囲気作りが大事だね、なんて話したことも思い出しました。
ここ最近は、家族3人揃って食事をとる時も、とにかく食べろ食べろと怒ってばっかりでした。
もしかしたらそれが影響して、食事の時間が苦痛になってしまったのかもしれません。
同じように一向に進まないトイレトレーニングも、以前どうしてトイレに行かないのかと聞くと、『だってママが怒るんだもん』と言ったので、しまった!!と痛烈に反省したのを思い出しました。

食事の件ですが、本人が元気ならしばらくそっとしておこうと思っています。
(でも正直、今回の風邪の治りが悪いのは、きちんと栄養が取れていないからだとも思うので、今の状態が元気とも言い切れないのですが)
とにかくお互いのために、しばらく様子を見ることにします。
[PR]
by monodukura_miki | 2014-04-08 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< 厨房つきのカフェ 散歩と鯵の南蛮漬け >>