他人の子を叱る
旅行の疲れが取れない今日は、引きこもって荷解きをしていました。
午後、隣の姉妹が庭で遊んでいる声を聞きつけて、Lがフェンス越しの庭で遊び始めました。
ほんの少しの時間でも手が離れるととても助かるので、その間私は掃除機をかけていました。
ちょっと様子を見にレースカーテン越しに外を覗くと、

…えっ!!

Lが外のままごとで使うスプレーボトル(お隣のもの)の水を口に入れさせられている!
しかも外で使ったことのあるプリンのカップ(うちのもの)にその水を噴射され、うがいまでさせられている!
そしてそのうがいした水を『ここにベッして』と容器に出すように言われている!
言われるがままに楽しんでいるL…。
お姉ちゃん(4歳)が仕切っていて、妹(2歳)の方もやらされているのです!
何度もそのスプレーボトルが外に転がっているのを見たことがあるし、プリンのカップにも砂利を入れたりして遊んでいるのを私は見ています。
なんて不衛生な遊びをしているのでしょう!!
慌てて窓を開けてやめるように言いました。
『大丈夫だよ、水きれいだから』とお姉ちゃん、一向にやめてくれません。
お隣の窓も目隠しの高いフェンスのすぐ近くにあるので、あまり相手の女の子を叱るとご近所トラブルになるとめんどくさいので、とりあえずLににやめるように言いました。
でも本人としては遊びを邪魔されているだけのように感じるのか、ものすごく反抗的な態度をとります。
そんなことがしばらく続きました。
他人の子でももっとしっかり叱っておけばよかったと後悔しています。
結局やめさせることができず、半ば私がブチ切れて『勝手にしなさい!お腹壊しても知らないから!』と窓をピシャリと閉めてしまいました。
力不足を反省しています。

その足で2階のベランダへ行き、布団を取り込みました。
子どもたちの声がずいぶん近くに感じるので、ふと下を見てみると、

…はぁっ!!??

うちの専用庭に子どもが3人(Lと隣の姉妹)いる!
つまりフェンスを乗り越えて、勝手に我が家に入り込んだということです。
怒り心頭に1階へ下りました。
『ねぇ!!どこから入ってきたの?あぶないからフェンス乗り越えちゃダメじゃない!?』
それに対して返ってきた言葉は、
『別に危なくないよ、やったことあるし』
…全く反省の色がありません。
『もうこういうことしちゃダメだよ。登れたとしても、ここはねよそのお家のお庭なの。勝手に入る事はやめてね。近くで遊びたいんだったら広場の方にLを出すから、そっちで遊んでね』
強めに言ったせいか、そこから共用の広場へ出て行ってくれました。
2歳の妹も体格が大きいせいかお姉ちゃんの真似をして、フェンスをよじ登っていきました。
腑に落ちないのは、うちの専用庭を経由して広場に出たことです。
当然Lも真似をして登ろうとしましたが、そこはあえて聞こえるくらい大きな声で、
『こら!こういうところは登ってはいけないの、やめなさい!』
と制止。
こんな騒ぎになっているのに、お隣のお母さんの気配が全くしません。
そういえば玄関先で2度ほど挨拶をしたきり、全く話をしたこともありません。
下に小さな赤ちゃんがいるので、そちらにかかりっきりになっているのかもしれませんが、もう少し上の子たちが何をしているのか見守っていて欲しいものです。
フェンスを乗り越えるようなことが今後も続くようであれば、はっきり話をしようと思っています。
ここはあくまで私たちのプライベートスペースなので、こういうことでは困ります。
万が一、その子たちが私たちの専用庭のフェンスを壊したら、補償の問題も出てきてしまいます。
ご近所トラブルになったとしても、他人の子であってもこれからははっきりと叱っていきたいと思いました。

何だか少しめんどくさい問題が出てきてしまいました。
[PR]
by monodukura_miki | 2014-04-22 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< バルーン 神戸観光2日目 >>