アイスと自分が中心
母は自分と遊ぶために来たんだと思い込んでいるLは、1日中『一緒にあ〜そび〜ましょ』と言っては母にベタベタでした。

午後、大丈夫かなぁと言いながらも、私の電動付自転車で後ろにLを乗せ、スーパーに行って来てくれました。
久しぶりの自転車にLは喜んでいた様子です。
その間、私は隠しておいたアイスを食べ、のんびり洗濯物を畳みながらTVを見る優雅な時間。
ピンポーン!と元気に帰ってきたLは、『アイス買ったのーー!』とサーティーワンの袋を下げていました(汗)。
つい2日前に買ったのを少量ずつ2日かけて食べたのに、また買わせたのですかー。
引っ越してきてから約8ヶ月経って初めて解禁したサーティーワン、わずか2日で記録を破られるとは苦笑いです。
店の前を通り過ぎる時にLがねだったようです。
今日はキッズサイズのアイスを半分だけにしておきました。

私と母がLをそっちのけで話しているのが気に入らないらしく、それが食事中に顕著に現れています。
食事中のテンションがものすごく低く、ほとんど食べないのです。
ところが、深夜帰宅と出張で2日間会えなかったお父ちゃんが帰ってきた途端にニッコニコで急にテンション上がって食べ始めました!
話の中心が自分に少し戻ったせいでしょう。
すっかり機嫌を取り戻して、お父ちゃんに『あ〜ん』してもらうと喜んで食べ、気づけば完食していたのでした。
[PR]
by monodukura_miki | 2014-07-19 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< よかったーよかったー! 母が来る >>