お茶の一杯も
朝起きたHの様子を見ていると大丈夫そうで安心しました。
声も特に気になりません。


子どもが2人になって子育ては全く苦ではありませんが、ただ一つ言いたいのは...
『自分がもう一人欲しい』
そして、
『お茶の1杯くらい飲ませてくれ』
です。
そんなイライラが上の子に向いてしまうのが反省ですが、
『いくら言っても片付けない』
『食事中の集中力がなくて1時間以上かかる』
『いまだにオムツでうんちする』
『テレビばかり見たがる』...
そんなLについついガミガミ言ってしまいます。
家事が進まない中、最近は抱っこ紐でしか寝ないH。
洗濯干しも、掃除機がけも、油はねする料理も、食器洗いもすべて抱っこしながらでさすがに疲れます。

2日分の洗濯物がたためずに山盛りになっているのを横目に、夕飯の支度がはじめられない18時過ぎ、ただいまもHを前に抱っこ中です。

意地でもと思い、紅茶を飲んで休憩時間を作っています。
ビリー・ジョエルをかけてみました。
もう今日はどうなってもいいや。

...と思いつつも、やっぱり夕飯を作らなくちゃ、と重い腰をあげるところです。
[PR]
by monodukura_miki | 2014-09-19 18:01 | あれこれ
<< 暖かい肌着と冷たい料理 嫌な予感 >>