考えたこと:食器について
Facebookをやっていると、友だちがシェアした記事を目にすることがとても多く、普段なら気がつかないようなことにハッとさせられることがあります。

食器について。
プラスチックの食器からは体に良くない成分が溶け出すので、子どもにこそ陶器を使わせるべき、という内容。

Lが小さい頃によーく食器を割ったので、割れない食器をと思ってメラミン製の食器やカトラリーをわざわざ買いました。
その時、確かにそんな話も気になりいろいろ調べたりもしましたが、最終的に発色の良さとかわいらしさに負けて購入しました。
そしてこれを読むまでずっとそれを使わせていました。
これを機にLには陶器やガラス製の食器を積極的に使わせるようにしました。
Lには『もうお姉ちゃんになったから大人と同じ食器も使おうか』と言うと、大喜びしてくれました。
そして私がたまにプラスチックのコップを出してしまうと、『大人のガラスのがいい!』と言われるようにも。
全部が全部きちんとじゃなくていいから、意識を持って生活していけたらと思います。

カトラリーも同様にメラミンから金属へと。
実は金属のカトラリーが苦手な私自身もメラミン製のものが気に入って使っていました。
我が家に『きちんとしたカトラリーを揃えよう計画』があがっている今、私も気持ちを入れ替えて金属カトラリーに慣れていこうと思っています。

タッパーもかなり年季が入っているのでこれを機にガラス製にするか、など考え中です。


特に子どもを持ったから尚更気になる話題ですが、こういうことをきちんと考えられるようになったのも30代を半ばに入りかかったからだと思います。
[PR]
by monodukura_miki | 2014-10-29 23:59 | あれこれ
<< 明日の準備 Hの鼻水 >>