お漏らし帰宅
いつも車で行く西松屋は遠すぎて自転車では行けません。
調べてみると、自転車で行けそうな場所(それでも少し遠いが)にもお店があったので、さっそく行ってみました。

電動アシストのバッテリーを充電し忘れていたので、一番エコモードで走っていたのですが、前後ろに子どもを乗せていると重くて重くて足がガタガタです。
加えて歩道のない狭い国道だったので、非常に危なく、わき道を見つけながらの走行。
行くまでにピリピリモードに突入していました。

今日はトレーニングパンツで行くと言って聞かなかったLに、
『お着替えは持っていかないから、外のトイレでも怖がらずに行こうね』
と言って、行きたくなったら早めに知らせること、トイレのことでグズったら帰ることを約束させました。
着いて早々、お店のおもちゃ売り場に直行のL。
しばらくすると、大泣きで私を呼んでいます。
『おしっこ出ちゃったーー!!』
と、まさかのお漏らし。
その前にもお股を押える仕草をしていたので、何度も『トイレは大丈夫?』と聞いていました。
仕方がなくおむつに履き替えさせるためにトイレへ(西松屋隣りのスーパーにしかなかった)。
着替えはなかったので、おむつにしただけで濡れたズボンを履かせました(もちろん大泣き)。
この作業、抱っこ紐にHを乗せての状態なので、気長に付き合う余裕もなくイライラ。

スーパーにも用事があったので、ちょこっと買い物をしたかったのですが、濡れたズボンのまま車型のカートに乗りたいと駄々をこねたので、『もう、帰る!!』と私もブチ切れしてしまいました。
西松屋に戻り、どうしても買いたかったHのあったかズボンだけ買って帰りました。
もう頭は沸騰しているし、スーパーでは何もかえなかったし、遠方まで行ったのであっという間の帰宅で、なんだったんだこのお出かけは。

今思い返せば、トイレトレーニングにはつきもののお漏らしだし、もっと寛容になるべきだったのかもしれません。
それに西松屋に行ったのだから、替えのズボンくらいを買えばよかったのかもしれない。
とにかく一つ言えるのは、帰宅後はどっと疲れがでたのでした。

 
[PR]
by monodukura_miki | 2014-11-10 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< 泣いてすぐ仲直り ミルクを飲まない >>