スーツを焦がす
久しぶりに平謝りです。
やってしまいました…。

クリーニングにスーツを持っていくのが面倒だったので、パンツのプレスぐらい家でやれるよ、と豪語していました。
当て布をしてやり始めましたが、途中から当て布を外してかけていると…あれ?
パンツが少し茶色い。
『!!???』
見事に焦がしてしまいました。

慌ててネットを検索すると、本当に軽い表層の焦げならクリーニングで少し目立たなくなるという情報を得て、大急ぎで自転車を走らせクリーニング屋へ。
そして夕方引き取りに行くも、やはり焦げはなくなりませんでした(そりゃそうだ)。

言わなきゃバレないかも、と悪魔の囁きもあったのですが、やはり嘘はつけないのです。
帰宅の旦那Kに土下座(笑)。

旦那Kは、がっかりしながらも、
『分かった、もうこれ以上は言わないから、おしまいにしよう』
と言ってくれました。

面倒くさいがすべての元凶、これからは気をつけます。
手に負えないことはせずにプロに任せます。
すいません、すいません。
久しぶりに汗をかいた1日でした。

 
[PR]
by monodukura_miki | 2015-09-08 23:59 | あれこれ
<< 公園と青っ鼻 サモサ >>