嘔吐
お昼にパン屋のテラスでランチをしたのですが、あまり食べなかったL。
帰宅後、庭仕事に付き合ってくれたLとHですが、Lが先に戻ると言って部屋に入ってしまいました。
庭仕事を終えて中に入ると、めずらしく眠っていました。
そのまま私はHを連れて2階へお昼寝をさせるために上がりました。
寝かしつけ終わって下に下りると、Lが目を覚ましていていました。
でも様子が変で、目にいっぱいに涙を溜めていました。
どうしたのかと聞いても、
『分かんない』『一人で淋しかった』とか言うばかりです。
でも直感で具合が悪いんだと分かりました。
起き上がれないこのパターンは...気持ちが悪いんだと思い、
『どこか痛いところはある?気持ち悪くない?』
と何度も確認しましたが、首を横に振るばかり。
ゼリーを勧めていらないと言ったので確信に変わりました。
夕方、起き上がろうとしたら嘔吐。
準備しておいた次亜塩素酸スプレーと手袋、キッチンペーパーでササッと処理。
嘔吐は1度で済み、夜には少量のお粥を食べてまた横になり、寝てしまいました。
嘔吐が感染系のものだったら布団の処理が困るので、今日はLを1階で寝かせることにしました。
Hを寝かしつけた後、私はLの隣に座布団を並べて添い寝しました。

まだまだ自分の不調をうまく伝えられない年齢。
やっぱりこういう時の母親の直感ってすごいと我ながらに感じます。
それだけ毎日一緒にいるということですね。


[PR]
by monodukura_miki | 2016-03-05 23:59 | あれこれ
<< 至れり尽くせり Lの咳 >>