児島ジーンズストリート
岡山に引っ越してくる時に、児島が国産ジーンズの発祥の地だということを調べていたので、一度は行かないと!と思っていました。
この週末に児島でイベント『稲妻デニムフェス』が行われていたので、行ってきました。
駐車場探しから時間がかかってしまい、会場からずいぶん離れたところから歩きました。
街中でイベントが行われていて、屋台が出ていたり、テントでデニムや繊維製品が売られていたりと大賑わいでした。
デニムと一緒にアメリカンなユーズド雑貨や家具も売られていて、見ていてワクワク...ブリキ看板とか、川崎の家で飾ったらかっこいいだろうなといつも思います。

向かうは会場の一番端っこのジーンズストリートへ。
d0173895_17133135.jpg
d0173895_17111412.jpg
ここにたどり着くまでが長かったので、さっそく休憩タイム。
青い色したデニムソフトを『花カフェLePIN』で。
品切れ寸前でコーンがなくなってしまいましたが、カップでなんとかゲット。
d0173895_17120100.jpg
d0173895_17114838.jpg
どんな味かドキドキしていたら、さわやかなフルーツの味でとても美味しかったです(お店の人曰く、岡山で採れる名産の果物よ~、何か分かるかな?と言っていたので、私はピオーネだとみた)。
色素も天然由来だそうです。
店員さんが50代くらいの女性だったけど、おしゃれにデニムのサロペットを着こなしてて、憧れてしまいました。

ジーンズストリートには小さなお店が何軒も並んでいて、それぞれでこだわったデニム製品が売られていました。
それなりにお値段も高いです。
今日はフェスで賑わっていたけれど、友だちに聞いていたように、平日に行ったら閑散とした印象は否めません。
駅からも結構歩くので、こういうイベント時に街全体を楽しみながらがいいと思いました。
結局ジーンズ等は買いませんでした、いろいろ見られてとても楽しかったです。

帰りに薄手のデニム生地を購入しましたが、破格過ぎて小躍りしてしまいました。
ネットで見ていたのとおそらく同じでしたが1/3以下のお値段で買えました!(しかも50cmおまけまでしてくれて)。
もう、それだけで満足。

 

[PR]
by monodukura_miki | 2016-04-24 23:59 | あれこれ | Comments(0)
<< 知らぬ間に自転車に乗れるように 誕生日ケーキ >>